2020年に無視できない5つのFacebook広告のトレンド

ソーシャル広告主の67%は、Facebookが彼らが使用する最も効果的なソーシャルメディアプラットフォームであると考えています。

現時点では、Google広告のようなもので、効果的なマーケティング戦略の重要な部分です。ブランドが有機的に顧客を獲得できる時代もありましたが、その時代は終わりました。現在、Facebookは厳密にペイトゥプレイであり、広告主は時々投稿を宣伝する以上のことをする必要があります。

次の統計を考慮してください。

  • 広告の平均価格は2%減少しましたが、広告の表示回数は34%増加しました
  • フェイスブックには700万人の広告主がいます
  • Facebookでの平均クリック単価は1.72ドルです
  • Facebookの潜在的な広告リーチは19億です

2020年には、堅実なFacebook広告プランを持ち、それを実行するために適切なツールを使用することがこれまで以上に重要になっています。そのため、今年Facebookに掲載される広告に影響を与える主なトレンドをまとめました。

無料のマーケティングアドバイスを予約する

2020年のFacebook広告の5つの最も重要なトレンド

トレンド1:Facebookの広告費用は上昇し続ける

Facebook広告は依然としてほとんどのマーケターにとって十分に手頃な価格ですが、コスト年々着実に増加しており、多くの広告主は当然心配しています。

なぜコストは上昇し続けるのですか?それは需要と供給の単純な問題です。Facebookには現在、2016年の400万人から約700万人の広告主がいます。 しかし、特に米国とカナダでは、毎日のアクティブユーザーがここ数年横ばいになっているため、その成長に対応するための新規ユーザーを獲得していません。

Statistaが示すように 今年だけでも成長は見られませんでした: 2019年10月にFacebookに10万ドルを費やした200人のマーケターを対象に実施された調査によると、次のことが示されています。フェイスブックでアクティブな広告主

  • FacebookのCPMはマーケターにとって前年比90%増加しており、その数は増え続けています。
  • コストの上昇は市場参加者の85%にとって懸念事項であり、13%はこれを「非常に」懸念しています。
  • マーケターの42%が2018年よりも2019年に多くの支出をしているため、この懸念はさらに悪化しています。
  • コストが上昇し続ける場合、マーケターの47%は、有料のFacebook広告から価格を得ることができると考えています。

この傾向は2020年も続き、政治キャンペーンの目玉をめぐる競争を悪化させる可能性があります。

Facebook広告の手頃な価格が心配な場合は、新規顧客の獲得コストをライフバリューと比較して負担してください。あなたはおそらくあなたがまだあなたのお金の価値を得ていることに気付くでしょう。

さらに深く掘り下げる:

トレンド2:AI、自動化、ARがもっと使われる

Facebookは、プラットフォームでの広告パフォーマンスを向上させるために、人工知能(AI)に多額の投資を行ってきました。すべてのツールがまだ利用できるわけではありませんが、ROIが向上するかどうかを確認するためにテストする価値があります。

広告主様が現在利用できる自動化ツールの一部を次に示します。

  • キャンペーン予算の最適化(CBO): CBOでは、広告レベルではなくキャンペーンレベルで予算を設定すると、Facebookはそれを入札戦略(最小コンバージョン単価(CPA)または最大広告費用対効果(ROAS))と組み合わせて使用し、支出を最大化します。
  • 自動配置: Facebookは、配置を選択する代わりに、Instagram、オーディエンスネットワーク、Messenger、およびFacebookに広告を掲載し、費用を最適化します。

  • ダイナミックフォーマットと広告クリエイティブ: ダイナミック広告を使用している場合、この機械学習オプションでは、反応する可能性が最も高い広告の種類に基づいて、広告を見たすべての人にカスタマイズされたバージョンの広告が提供されます。販売ターゲット、トラフィック、カタログ変換に使用できます。このタイプの広告に対するFacebookのテストでは、カルーセルのみの広告と比較して、増分ROASが平均34%改善され、エレベーターが10%改善され、増分購入あたりのコストが6-ERR:REF-NOT-FOUND-%削減されました。
  • 言語の自動翻訳: 選択した配置と言語について、Facebookが広告をユーザーの優先言語に自動的に翻訳するように選択できます。注意点:Facebookは機械翻訳の品質を保証していないため、手動で確認する必要があります。
  • マルチテキストの最適化: この機能はまだ完全には実装されていませんが、一部のユーザーは利用でき、最初はトラフィック目標、アプリのインストール、コンバージョンで利用できるようになります。広告のメインテキスト、タイトル、説明に5つの異なるオプションを追加すると、Facebookは、機械学習パターンによって特定された応答する可能性が最も高いものに基づいて、ユーザーにさまざまなテキストの組み合わせを表示します。

複数のテキスト最適化を使用してテキストを変更する方法の例を次に示します。

  • ユーザーが行動を起こす原因となる可能性のある価格情報を含めます。

オプション1:オールインクルーシブサービスを低価格でご利用いただけます!

オプション2:オールインクルーシブサービスはたったの$ 19.99でご利用いただけます!

  • ビジネスの価値を示すデータを追加します。

オプション1:お電話でお金を節約してください!

オプション2:新規顧客の80%は、私たちに電話することで節約します!

  • レビューまたはお客様の声からの引用を埋め込む:

オプション1:お客様は私たちのピザをシアトルで最高のピザと呼んでいます。

オプション2:「文字通りシアトルで最高のピザ」。—最近の顧客であるFacebookは最近、ユーザーがメイクアップを試したりゲームをプレイしたりできる拡張現実広告も導入しました。

米国では、63%の人がブランドのAR体験を試したことがあるため、Facebookの広告主には大きなチャンスがあります。たとえば、WeMakeUpはFacebookでAR広告を開始し、人々が新しい色合いの口紅を「テスト」して購入が27.6ポイント増加したことを確認しました。 Facebookは、より多くの広告主向けに拡張現実広告を拡大し、ベータ版は今秋にグローバル化します。AR FB広告

さらに深く掘り下げる:

トレンド3:モバイルファーストとモバイルスタジオがゲームの名前になります

Facebookの広告収入の93%はモバイル広告によるもので、つまり、マーケティング担当者ならデスクトップを忘れてください–モバイルファーストが最適です。

モバイル広告とデスクトップ広告の最大の違いは、画像の下にあるものです。デスクトップにはタイトルと説明がありますが、モバイルデバイスにはURLとタイトルしかありません。

デスクトップコピーを書くときは、本文と説明の繰り返しを避ける必要があります。モバイルデバイスの場合、すべての重要な情報が本文に含まれていることを確認する必要があります。また、「もっと見る」プロンプトが表示される前にモバイルデバイスで作業する不動産物件が少ないため、この例のようにユーザーをすぐにフックする必要があります:

貼り付けた画像 0 10

Facebookモバイル広告のもう1つの必須アイテムは、コールトゥアクション(CTA)ボタンです。ボタンのない広告は、リードが少なくなり、獲得コストが高くなります。テスト結果によると、CTAボタンがないとリードあたりのコストが2.5倍増加し、CTAボタンを選択すると、まったくないよりもうまく機能しました:Facebook Mobile Studioを使用すると、携帯電話からダイナミックモーションベースのモバイル広告を数分で作成できます。FBモバイルスタジオフェイスブック結果実験-CTA-この機能には、わかりやすい動画ガイド、ダウンロード可能なスケジュール概要、モバイル動画広告を始めたばかりの広告主様や既存の動画広告を次のレベルに引き上げたい広告主様向けのクリエイティブなアプリのおすすめ情報が含まれています。

さらに深く掘り下げる:

無料のマーケティングアドバイスを予約する

トレンド4:FacebookニュースフィードからFacebookストーリー広告へ

プラットフォーム自体の代名詞である10年以上のFacebookニュースフィードの後、Facebookはストーリーに焦点を合わせています。

Facebookが最初にストーリーズを立ち上げたとき、多くの人々は要点を理解していませんでした。それがSnapchatとInstagramの目的です。しかし、数字は嘘をつきません:毎日5億人のユーザーがこの機能を利用しています。

Facebookストーリーズは、24時間のみ利用できる写真、動画、全画面投稿です。写真は5秒間再生され、20秒間のビデオがサポートされています。ライブ動画は、配信を停止すると消えます。また、コメントやいいねはポスターにのみ表示されます。

Facebookストーリーズ広告はモバイルショットとスタジオショットがあり、Facebookは目標に応じてキャンペーンに両方を組み合わせて使用することを推奨します:「モバイルショットとは、携帯電話のカメラや「自撮りモード」を使用した場合と同様に、オーガニックストーリーコンテンツに似たクリエイティブを指します。スタジオショットは、従来の広告に似た、より高い制作価値を持っているようです。あなたの目標に応じて、戦略は異なる場合があります」:

貼り付けた画像 0 11

右側のバージョンは滑らかで広告のように見えますが、左側のバージョンはボートの後ろを運転している人が電話で撮ったように見えます。品質の違いは、広告が受け取るエンゲージメントの量にとって非常に重要です。

モバイルと研究の統計は次のとおりです:モバイルショット:

  • 広告想起の効果が78%向上
  • 運転意図に対して80%効果的
  • コンテンツの表示効果が84%向上
  • 購入、アプリのインストール、チェックアウトに63%効果が高い

スタジオショット:

  • ブランド認知度が97%向上

ご覧のとおり、モバイルショットはブランド認知度を除くすべての目標でスタジオショットを上回っていますが、スタジオショットのブランド認知度の利点は無視できないほど大きいです。ただし、ブランドは、ストーリーズ広告が効果的であるためには高い生産価値を持たなければならないという考えを放棄する必要があります。

Facebookはストーリーズ広告用のアンケートステッカーも提供しており、ユーザーにインタラクティブなエクスペリエンスを提供し、エンゲージメントを高めるのに役立ちます。実際、Dunkin'のケーススタディでは、広告を見た人の20%が投票に投票し、投票ステッカー付きの広告の動画あたりの視聴コストは、投票ステッカーのない広告と比較して20%低いことが示されました。

貼り付けた画像 0 12

 

トレンド5:動画は引き続きエンゲージメント第1位

Facebookでは毎日約80億本の動画が視聴されています。これらの視聴のほとんどはモバイルで発生するため、目玉を競い合いたい場合は、モバイル動画広告を作成する必要があります。

動画広告について知っておくべき最も重要なことは、動画広告の85%が音声なしで視聴されていることです。これは、動画にキャプションを含める必要があることを意味します。キャプションを自動的に生成して編集したり、自分で書いたり、Revなどのサービスから取得できるSubRip(.srt)ファイルをアップロードしたりできます。 動画広告が掲載されたら、その結果を使用して、動画に反応したユーザーの間で動画エンゲージメントのカスタムオーディエンスを作成できます回転

これは、エンゲージメントの高い人々と同様のオーディエンスを構築して、より多くの潜在的なリードを見つけることができる次のキャンペーンに非常に役立ちます。

ストーリーズと同様に、モバイル動画にインタラクティブな要素を追加し、エンゲージメントを高めるために動画投票も利用できます:フェイスブック-ビデオ-投票-追加-質問source動画がストーリーズ、ニュースフィード、その他の場所に表示されるかどうかにかかわらず、動画は現在および潜在的な顧客とつながるための最良の方法です。

それがまだあなたのマーケティング戦略の一部でない場合は、間違いなく2020年にそれに投資する必要があります!

最終的な考え

2020年のFacebook広告のトレンドは、ポジティブとネガティブの両方になります。

悪いニュースは、Facebookがブランドがプラットフォームから価値を受け取るためにお金を投資することを望んでいるということです。それは悪いニュースです。それは理にかなっています:あなたがFacebookがたくさんあるビジネスなら、あなたはあなたができるすべてを収益化したいと思っています。しかし、大きくて醜いアルゴリズムが変更される前に有機的な結果を達成できた企業にとっては深刻な欠点です。

しかし、良いニュースは、Facebookが広告主が成功して、そのお金を稼ぎ続けることができるようにしたいということです。これは、広告キャンペーンをより効果的にし、広告主がターゲットオーディエンスとつながる機会を増やすためのより良いツールを意味します。たとえそれが常に感じられるとは限らないとしても、それは誰にとっても有益です。

Open

info.ibdi.it@gmail.com

Close