起業家とは誰か、起業家精神とは

起業家とは何ですか?起業家精神とは何ですか?

起業家とは、リスクを冒して率先して行動する能力と意欲を持った人です。起業家精神は、あなたが生きることを選択できるライフスタイルでもあります。起業家になるための決まった道や公式はありません。すべてのものと同様に、たくさんのお金を稼ぐには多くの方法があります。一部の起業家は非常に幸運であり、他の起業家はそうではありません。すべての起業家は、リスクへの意欲とリスクを取る意欲を持っています。起業家精神は、市場に供給できる商品を見るのと同じくらい単純な場合もあれば、サービスを提供している市場の10の個別のニーズがある市場を見るのと同じくらい複雑な場合もあります。起業家精神の重要な要素は、お金を稼ぎたいという燃えるような欲求を持っていることです。他人からお金を求められることは起業家精神ではありません。

起業家がすることはたくさんあります。彼は決心し、集中する必要があります。起業家精神の開始時には、資本はほとんどなく、支援もほとんどありません。起業家は常により多くのサポートを求めており、会社はうまくいくことができますが、ドアを開いたままにするのに十分な資本がなければ、それは起業家精神ではありません。ドアを開いたままにしておくことができるかどうかは、十分な資本を持っていることと同じくらい決定の問題です。ドアを開いたままにしておくには決意が必要ですが、ネットワークを構築する能力も必要です。起業家であることの重要な部分は、粘り強いことです。あなたは自分ですべてをやろうとはしませんが、助けを他の人に頼ります。永続的であるということは、それが困難、遅い、または不確実であっても、常に目標に向かって取り組むことを意味します。

起業家である多くの人々は、マネージャー、管理者、営業担当者、研究開発担当者、運用、技術サポートなどとして雇用されています。それは大変な仕事であり、終わりのない仕事です。起業家になるには忍耐力が必要です。多くの人々は、起業家になるというプレッシャーと困難に耐えられないため、起業家精神を放棄します。これは、起業家が不可能なことをしたくない場合にのみ当てはまります。起業家になるには、希望を失わない能力が必要です。あなたがうまくいかないことをしているなら、あなたはそのビジネスから抜け出す必要があります。

これは、起業家がリスクを冒すことを許可されていないことを意味するものではありません。それはあなたがリスクを冒すことをいとわないことを意味します。これが起業家とマネージャーの違いです。起業家は、彼がすべてを正しく行うことができないことを知っていますが、彼はそうします。多くの場合、これは、ビジネスを継続するために必要以上のエネルギーと労力を費やすことを意味します。起業家は、従業員のやる気を引き出し、顧客を維持し、組織を前進させることができます。多くの場合、起業家は責任の矢面に立たされなければなりません、しかし、彼は人々を忙しく保つことができます。

起業家になるために、あなたは他の誰よりも賢くする必要はありません。事業を始める人の多くは、事業を終わらせたいという欲求を持っていません。彼らはビジネスが煩わしくなったりお金を稼がなかったりするとやめます。あなたはビジネスを愛さなければなりません、あなたが永遠に同じことを何度も繰り返し続けることができないことを知るために。あなたは会社が成長し、離陸するのを見る感覚を愛さなければなりません。あなたはあなたがビジネスを止めなければならない日に対処することができなければなりません、しかしあなたはあなたが望むときはいつでもあなたが立ち去ることができるようにそれを十分に構築しました。起業家はその日を見て、「今日は私がやめる日です」と言うことができます。

起業家になるためにたくさんのお金を持っている必要はありません。事業を始める人の多くは、実際に事業を行うためのお金を持っていません。彼らは成長のためにお金を借ります。欲望と団結を持った起業家は、会社から借金を受け取り、ビジネスを収益性の高いものにすることができます。

起業家になるために、あなたは数学の天才である必要はありません。事業を始める多くの人々は、事業の収益性を維持するために必要な財務モデルを実行する能力を欠いています。彼らは数学を使ってビジネスを成長させますが、多くの場合、ビジネスは期待どおりに成長しません。起業家は、財務モデルを実行する必要があることを知っており、会社の将来を決定するために自分で実行することがよくあります。多くの起業家は、事業を継続し、債務の利子を支払うのに十分な利益を上げる方法を見つけることができます。

起業家になるために、インターネット上で大きな存在感を持つ必要はありません。ビジネスを始める多くの人々は、ビジネスに何時間も費やす時間と能力を欠いています。彼らは良い必要があるときに良いですが、彼らはしばしばビジネスを成長させ、制御不能に拡大させます。起業家は、事業が収益性がなく、CEOなどの所有職から事業を引き継ぐことが多いと考えています。起業家はインターネットの存在の重要性を理解しており、インターネットのビジネスを立ち上げるために個人や会社を雇うことがよくあります。

起業家になるためには、与えることについて多くのルールを知る必要はありませんが、永遠に与え続けることはできないことを知っているので、与えることができる必要があります。いつ与えるのをやめたいのかを知る必要があります。あなたが与えるのをやめなければならない時は、ビジネスが成長し始めて利益を上げ始める時です。あなたが与えるのをやめる瞬間は、あなたが会社が利益を上げているのを見る瞬間です。